「新那覇市民会館」で13億円増額補正

那覇市議会は、休館中の市民会館に代わる新たな施設の建設費用に必要な13億円を増額する補正予算を賛成多数で可決しました。

那覇市が「新文化芸術発信拠点」と位置づけ、久茂地小学校の跡地で2021年度のオープンを目指す新たな市民会館。21日、約13億円を増額する補正予算が可決されました。

順調なら先月着工のはずでしたが、建築費用の高騰で入札が成立せず、増額はやむを得ないとする市側に対し、理解を示す与党と継続審議を求める野党が対立していました。

清水磨男市議は「確かに市民負担が増えますが、しかしながらこれは市民にとって必要な建物だ」と話していました。

基本計画当初の約95億円から129億円に膨らんだ新施設の建築費用。補正予算案は与党の賛成多数で可決された一方、市にはさらなる説明責任を果たすよう求める附帯決議が全会一致で可決されました。