糸満市の沖縄水産高校では14日、恒例のマグロの缶詰の製造実習が行われました。実習に参加したのは、総合学科で食品加工や食品衛生について学ぶ2年生27人です。

まず取り掛かったのはマグロの解体。沖縄水産高校では毎年マグロの油漬缶詰作りを行っていてその缶詰に使用されるのも海洋技術科の生徒が航海実習で実際に獲ってきた「ビンナガマグロ」です。

実習に参加した生徒はそれぞれ「(解体は)めっちゃ力使います」「海洋技術科が海に行って獲って来てくれたマグロなので無駄のないよう切りたいです」と話していました。

切り分けたマグロはこのあと蒸して缶詰加工し12月の学園祭などで販売されます。