普天間基地の移設先について、自民党県連は4月8日、これまでより、より明確に「辺野古移設を容認」する政策へと方針を転換しました。

自民党県連は那覇市内で開いた県連大会で、普天間基地の移設に関する政策を提案。「普天間飛行場の危険性を除去するため、基地の機能移転、並びに訓練の分散を図りつつ辺野古移設を容認し、早期返還の実現を図る」と、これまでより明確に辺野古移設を容認する政策に方針を転換しました。

照屋守之県連会長は「裁判とか、あるいは県知事の対応とかそういうこと含めてみても、やむを得ず容認ということで落ち着いたと」とコメントしました。

自民党県連の政策の転換で翁長知事との対立はより鮮明となりました。