ドラッ九州ドラッグストアが「美ら島募金」へ寄付

サンゴの保全活動に役立ててほしいと、九州のドラッグストアチェーンが8月23日、美ら島募金に寄付しました。

QABを訪れたのは県内で35店舗を構えるドラッグイレブングループで、環境保護活動のため2009年からレジ袋の有料化を始めています。

JR九州ドラッグイレブンの松下琢磨社長は「美しいサンゴを守るためにお役にたちたい」とレジ袋の売り上げと収益の一部をあわせた132万円あまりを寄付しました。

寄付金は、サンゴの保全活動に充てられます。