新基地建設に向けたボーリング調査が続く名護市辺野古に、21日、野党系国会議員が訪れ現場を視察しました。

21日、辺野古を訪れたのは沖縄の基地問題に取り組む野党国会議員らで山本太郎議員や辻元清美議員らが参加しました。

議員らは座り込みを続ける人たちを激励したあと船に乗り込み、ボーリング調査が行われている辺野古の海を視察。途中、船に海上保安庁の船が接近する場面もみられました。

山本太郎議員は視察のあと「この基地が出来ることでアジアの緊張はより高まるわけだし、それだけじゃなく、沖縄のみなさんが大事にしてきたこの自然は沖縄のものだけじゃなく、世界のものですよね。それを壊滅的な状況に追い込むというのは本当に僕たちの手でやっていいことなのか。なんとしてもみんなで力を合わせて止めたいと思います」と話していました。

議員らは22日、高江や嘉手納基地を視察する予定です。