名護市辺野古の基地建設に向けた海底地質調査を始めるにあたり政府は14日朝、工事区域への立ち入りを制限するブイやフロートを設置しました。

作業は14日、午前7過ぎから始まり巨大なフロートやブイが次々に、海に浮かべられました。

建設に反対する市民はカヌーで、作業を止めようとしましたが海上保安庁のボートに制止され現場に近づくことはできませんでした。

一方、キャンプシュワブのゲート前ではおよそ100人の市民らが集まり抗議の声をあげました。辺野古とつながる読谷の会の知花昌一さんは「人間として理不尽なやり方に対しては立ち向かっていくのが当然のことだと思います」と話していました。

ゲート前では工事車両を止めようとした市民と警察がもみ合いになり騒然とする場面もありました。