2018年8月9日 18時28分

訃報 翁長知事死去 悼む声

翁長知事の突然の訃報から一夜が明けました。県内には驚きと、深い悲しみが広がっています。

訃報 翁長知事死去 悼む声

翁長知事「私は、今後もあらゆる手法を駆使して、辺野古に新基地はつくらせないという公約の実現に向け、全力で取り組む考えであります」

訃報 翁長知事死去 悼む声

その時は、突然やってきました。きのう午後5時。急遽行われた会見。翁長知事が先月30日から入院していたこと、おとといから意識が混濁していることが明かされました。

謝花副知事「医師からは、症状は厳しい状況にある。ただ自発呼吸はしているというようなこともありますので、我々は回復を期待している」

がんが肝臓などに転移していた翁長知事。この会見のわずか1時間半後、この世を去りました。67歳でした。

訃報 翁長知事死去 悼む声

謝花副知事「このような結果となり、残念で残念で仕方ありません」

糸数慶子さん「すごく苦しかったと思うんですけど…。病をおしてここまで頑張られたというのに対して、本当にご苦労様でしたという思いでいっぱいですが、ただ悔しい、本当に悔しい…」

浦崎唯昭元副知事「非常に残念です。県内の政治家でも勇敢な政治家でしたし、行政的にも政治的にも大変尊敬する方でした」

安慶田光男元副知事「本当に信念の男だなと思った。彼が言っていたのは、最後まで県民が付いてこれるのかなという話をしていたくらい、意志の強い男でした」

県民に思想信条を超えた団結を訴えた政治家の最期。翁長知事の自宅には、多くの人が弔問に訪れました。

訃報 翁長知事死去 悼む声

あまりに突然の訃報。県民にも大きな衝撃が走っています。

県民「長年、沖縄のために尽力された方なので、とても残念ですし、沖縄にとってもマイナスというか、残念なことと思っています」「本当に昨日はショックで本当に悲しかったです。最後の議会に立たれているときに、枠に身体を支えて立ってらして、全身全霊で頑張っていてくださったんだなと、その姿。それから6.23のときのお姿も立派でした。ありがとうございましたと言いたいです」

訃報 翁長知事死去 悼む声

政府も、驚きをもって受け止めました。

官邸菅官房長官「突然の訃報に大変驚いており、慎んでお悔やみを申し上げたいと思います」

しかし、翁長知事が命がけで反対した、辺野古の新基地建設については…。

官邸菅官房長官「日米同盟の抑止力の維持、普天間飛行場の危険除去、こうしたことを考えた時に『唯一の解決策』である、そうしたことに変わりはありません」

久田記者「11月に行われるはずだった県知事選挙は、翁長知事が亡くなったことで、2か月近く前倒しされる見通しとなりました。自民党県連の建物には、知事選への出馬を表明している佐喜真さんも入り、選挙態勢の構築について会合がもたれています」

訃報 翁長知事死去 悼む声

知事選に向け、県内各支部の立ち上げを早める自民党。

国場幸之助・県連会長「県民葬も予定されていると思いますので、そういったものは県民全体で知事の功績をしのびつつ、選挙のスケジュールは調整して考えていこうと。(知事選は)おそらく(9月の)23日、もしくは30日が知事選挙の日程だろうと」

訃報 翁長知事死去 悼む声

一方、翁長知事の再選を目指していた与党は、差し迫った状況での後継者選びとなり、事態は風雲急を告げています。

照屋大河県議「知事の思いを、意思を、信念を引き継いでいける候補者であるべきだ」

きのう「意識混濁」というニュースをお伝えした直後のあまりにも突然の出来事でした。埋め立て承認の撤回に向け動き出した矢先の訃報、ご本人が一番悔しいと感じていらっしゃるのではないでしょうか。

翁長知事の通夜は明日午後6時から、告別式は13日午後3時から。場所はいずれも那覇市の大典寺で執り行われるということです。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.