2018年2月28日 11時59分

オスプレイ部品落下で宜湾市議会が米軍に抗議

オスプレイ部品落下で宜湾市議会が米軍に抗議

伊計島でのオスプレイの部品落下事故を受け、宜野湾市議会はアメリカ軍に直接抗議しました。

市議会のメンバーは28日、在沖アメリカ軍司令部を訪れ、事故に直接抗議した上で、原因究明や再発防止、普天間基地の即時運用停止などを求めました。

基地関係特別委員会の桃原朗委員長は「整備の在り方も文書化して、こういう手順で整備している状況であると、ちゃんと文書で回答を防衛省にも提出する、情報提供すると言っていた」と話し、宜野湾市議会の大城政利議長は「整備に関する予算が削減されているという話あるが、どうなのかと聞いたら『予算は確保されている』と」などと話しました。

市議会では、沖縄防衛局にも抗議し、回答状況などを確認することにしています。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.