1 / 212

2017年9月6日

まも散歩#4 壺川駅周辺【続編】

続いては、ウチナームークの中村守アナウンサーが、街を歩いて沖縄を再発見する「まも散歩」です。きょうは、壺川駅周辺散歩の後編。ある歴史上の人物の名前がついたお店をあちらこちらに見つけます。さてその理由とは。 私、中村守が沖縄の不思議や、様々...続きを見る

国内初の星空保護区の申請受理

国内初の「星空保護区」の認定を目指してきた石垣市と竹富町。9月6日、認定機関の国際ダークスカイ協会に申請が受理されたと発表しました。 世界86カ所目、国内ではもちろん初めての星空保護区は、早ければ10月にも誕生しそうです。 中山石垣市長は「ブラ...続きを見る

宮古上野宮国の大綱引き

9月5日のウークイ、十五夜の月の下、宮古島上野宮国では、大綱引きに沸きました。 市の無形民俗文化財にも指定されている宮国の大綱引き。午後8時、東西の綱が一つになると大綱引きの始まりです。 実は、この、綱作りの中心は、集落の中学2年生5人。昔は、...続きを見る

職務質問逃走の男性が海に飛び込み行方不明

男性は、警察の職務質問に応じず海に飛び込んで、泳いで逃げ、現在も行方が分かっていません。 石橋記者が現場で伝えました「警察から逃げた男性はここから海に飛び込み、あちらの防波堤へと泳いで行ったということです」 警察によりますと9月6日午前4時20...続きを見る

城原区が県に低周波音の調査を要請

住宅地のすぐそばでのオスプレイの訓練が深刻化している宜野座村城原区の区民らが、県に、機体が発する低周波音の調査を行うよう要請しました。 要請したのは、宜野座村城原区の崎濱秀正区長と行政委員のメンバー合わせて5人です。県は9月から普天間基地周辺の民間住...続きを見る

辺野古埋め立て 奄美の砕石場を自然保護団体が視察

辺野古新基地建設に使用する埋め立て土砂の採取場所のひとつ、鹿児島県の奄美大島。9月4日、環境保護団体のメンバーらが視察しました。 4日、50年に一度といわれる記録的な大雨に襲われた奄美地方。 この日、日本自然保護協会のメンバーや超党派の国会...続きを見る

石西礁湖 ことしも5割白化か

2016年、大規模な白化現象の被害があった石垣島のサンゴ礁。白くなったサンゴの映像に大きなショックを受けました2016年に続き、海水温が高くなった今年、白化の被害の度合いが進んでいることがわかりました。 2016年、大規模な白化で7割のサンゴ...続きを見る

首里城『平成の復元』特別展

首里城の復元から25年。首里城の歴史を振り返る展示会が9月7日から開催されます。 これは首里城の復元25周年を記念して開かれたもので、戦前に撮影された写真やそれぞれの時代の屋根瓦などが展示されています。こちらは、約300年前のものとみられる正殿の...続きを見る

体験ダイビング後に意識失い57歳女性が死亡

5日午後名護市の海でダイビングをしていた57歳の女性がダイビングを終えた後に意識を失いその後、死亡しました。 中城海上保安部によりますと5日午後2時45分ごろ「体験ダイビング中の57歳の女性が意識朦朧」だと通報がありました。千葉県から...続きを見る

子どもの貧困対策有識者会議

県が実施している子どもの貧困対策の効果について話し合う有識者会議が開かれました。 会議には大学教授や教育機関、NPO法人の関係者など10人が出席しました。会議では、子どもの貧困状況を把握する指標について県内の直近の調査結果が報告されました...続きを見る


1 / 212

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.