2016年8月31日 18時30分

退役米軍人が高江で「支援と連帯」表明 

退役米軍人が高江で「支援と連帯」表明 

住民らによる反対行動が続く中、東村高江で進むアメリカ軍のヘリパッド建設について8月31日退役したアメリカ兵たちが高江を訪れ、支援の声をあげました。

高江の座り込みテントにやってきたのは、8月30日アメリカからきた退役軍人でつくる国際平和団体「ベテランズ・フォー・ピース」、平和を求める元軍人の会のメンバーです。

イラク戦争やベトナム戦争などに送られ、自らの、悲惨な戦争体験をもとに「沖縄に戦争のためのヘリパッドを造らせない」と支援と連帯を表明しました。

退役軍人の一人は「戦争は無駄しかもたらさない。ここにヘリパッドができれば、森やコミュニテイーを破壊してしまう」と話し、また、別の退役軍人は「私たちは皆さんと連帯するためにやって来ました」と話しました。

メンバーは、明日以降も「ベテランズ・フォー・ピース」の県内支部と共に、主に高江で座り込みを続ける予定だということです。

今回やってきたメンバーのおよそ半数は、沖縄のアメリカ軍基地に駐留した経験があるということなんです。

沖縄の基地が戦争のためのものだということを自らの体験で分かっている彼らの訴えは、とても胸に迫るものがありますし、平和を求める沖縄の人々のこころと共通すると感じますね。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.