2013年6月10日

めざせ甲子園! 「宮古野球」で目指す夏~宮古高校~

めざせ甲子園きょうは6校目。去年秋は第1シード、春は第2シードの宮古高校です。 離島の高校ということもあって、対外試合などで島を出ることもおおい野球部、遠征費など一年の部費は、本島の野球部員に比べると倍以上もかかります。 今年の3年生は、親...続きを見る

立候補予定者説明会 参院選に向けたスケジュール着々

2013年7月に投開票が見込まれている参議院議員選挙の立候補予定者に対する説明会が、10日、県庁で開かれました。 県の選挙管理委員会が実施した説明会には、沖縄選挙区の立候補予定者の事務担当者らおよそ10人が出席しました。 県選挙管理委員...続きを見る

翁長那覇市長 県外移設あらためて表明

那覇市の翁長市長は普天間基地の県内移設反対と、今後もオスプレイの配備撤回を求めていく考えを改めて示しました。 10日から始まった那覇市議会代表質問で自民・無所属・改革の会の唐真弘安議員は、普天間基地の移設問題とオスプレイ配備問題を取り上げ、日米両...続きを見る

全国労働ホットライン 働く人の悩みぜひ電話を

6月10日は「労働の日」。働く人たちの賃金や解雇問題などのトラブルといった労働や生活に関する悩みに専門家が答える電話相談会が開かれました。 10日午後から全国一斉に開設された「全国労働ホットライン」。生活の悩みや労働問題の解決に取り組む弁護士が、電話...続きを見る

来月県産品推奨月間 「しまんちゅの心つなげる県産品」

7月は県産品奨励月間です。県産品の良さを伝え消費拡大を訴えるPRポスターと標語が発表されました。 標語の部門では、600点余りの応募作品の中から平安名誠さんが作った「しまんちゅの心つなげる県産品」が最優秀賞に選ばれました。またこの標語を取り入れたポス...続きを見る

県内企業 復興支援で被災地へ

東日本大震災の被災地でボランティア活動などを続けている県内企業らが、支援金贈呈のため岩手県を訪れます。 県内の建設会社、大成ホームや関連企業は東日本大震災のがれきの撤去作業や、支援金の贈呈のため毎年、被災地を訪れていて2013年も岩手県の陸前高田...続きを見る

沖縄力発見ツアー 沖縄の将来性を探る

沖縄の物流特区の視察や企業との意見交換を通して、県外の金融機関の幹部らが、沖縄を拠点にした国際物流ビジネスの将来性を探るツアーが開催されています。 これは「沖縄力発見ツアー」で、銀行や証券会社など、県外の金融機関18社の幹部らが参加し...続きを見る

水難事故防止策を学ぶ

本格的な夏のレジャーシーズンを迎え水難事故の防止策や事故に対応するための知識や技術を学ぶ講習会が那覇市で開かれています。 講習会は日本赤十字社が認定する水上安全法救助員の養成を目的に1960年代から始まったもので多くの救助員が全国で活動してい...続きを見る

慰霊の日を前に 戦争と平和考える集会

6月の慰霊の日を前に、那覇市の古蔵小学校では、平和学習会が開かれました。 平和学習会はPTAが企画したもので読み聞かせのボランティアをしている保護者が沖縄戦について話をし、この場所には、旧日本軍の兵舎があり激しい艦砲射撃と空襲を受けたと説明し...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.