2009年7月30日 17時39分

総選挙まで1カ月 自民・公明が政策協締結

News Photo

8月30日投開票の衆議院選挙に向けて、自民党県連と公明党県本部は30日に政策協定を結びました。

那覇市で行われた政策協定の調印式で、自民・公明両党の代表が協力体制での勝利を誓いました。

この中で自民党県連の具志孝助会長は「自公連立政権の実績を踏まえ、これまでの連携をさらに強化して、この国難を乗り越えて行きたい」と述べました。また、公明党県本部の糸洲朝則代表は「自民党と公明党の選挙区と比例区の選挙協力が成功することを切に願っている」と述べました。

この後、自民の国場幸之助さん、安次富修さん、嘉数知賢さん、西銘恒三郎さんの各予定候補者と、公明の九州比例予定候補者の遠山清彦さんに、双方から推薦状が手渡されました。

ただ、自公協力をめぐっては、石垣市の自民党支部が「公明党支部との協力はできない」としていて、今後の動きが注目されます。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.