9月投開票の県知事選に向け、自民党県連や経済界などでつくる選考委員会は前宜野湾市長の佐喜眞淳さんを知事選の候補者に決定しました。

9月の県知事選に向け、自民党県連や経済界などで構成される選考委員会は5月28日、最終選考に残った5人による公開演説会を開きました。

演説会の内容を踏まえ、選考委員会は全会一致で前宜野湾市長の佐喜眞淳さんを知事選の候補者にすることを決定しました。

佐喜眞淳前宜野湾市長「これから先しっかり県民に向けて、私たちが考えていること、沖縄が目指す方向としての政策を浸透させていくような行動や理解できる内容をお伝えしないといけない」

一方、現職の玉城知事は28日、若手有志から県知事選への出馬要請を受けました。今のところ2期目への態度は明らかにしていませんが、関係者によると出馬への意欲を示していて、6月11日にも出馬表明をするとみられています。

自民県連 佐喜眞淳氏を県知事選の候補者に決定