MENU
復興のキセキ
復興のキセキ
復興のキセキ
復興のキセキ
2026年秋の首里城正殿再建までの過程を見つめるシリーズ企画(ニュースキャッチーにて毎月末に放送)
タイトルには再建の「軌跡」、琉球の象徴が蘇る瞬間に立ち会える「奇跡」、2つの意味を込めています。
次回 4月10日(水) 放送予定
特集「正殿の屋根を彩る赤瓦 工場に潜入」

 

定点カメラ

QABでは、首里城正殿復元工事の現場を定期的に訪れ、定点撮影を実施しています。

在りし日の姿を取り戻そうと日々歩みを進める正殿の変化を間近でご覧ください。

▽東のアザナ・工事現場入口 2023年1月~
▽素屋根(1~3階)2023年8月~(更新不定期)

全ての定点カメラの映像を見る
spacer
編集後記

職人の技術 次の世代につなぐ(2024年2月29日放送)​

2年後の再建に向け、着々と進む首里城正殿。正殿正面に建つ「向拝柱」を滑らかにするための「刻苧詰め(こくそづめ)」と呼ばれる下地工事が始まり、見学エリアから見ることができます。

令和の復興には多くの人が携わっていることは皆さんご存知かと思いますが、再建後の首里城を維持していくために大切な役割を担う技術者・職人さんと呼ばれる人たちの存在は欠かせません。

50年先、100年先それ以上の時を見据えた人材の育成には大変な労力が必要だとわかりました。先人から受け継がれた技術をまた次の世代へとつないでいく職人さんに期待し、永遠に朱い城を守ってほしいと思います。

首里城再建関連 最新ニュース
PAGE TOP