MENU
復帰50年特別番組「命ぬ水 ~映し出された沖縄の50年~」
復帰50年特別番組「命ぬ水 ~映し出された沖縄の50年~」

番組内容

本土復帰から50年の節目を迎えた沖縄で、新たに持ち上がったアメリカ軍基地問題がある。

アメリカ軍が使っている「泡消火剤」に含まれる有害物質・PFAS(ピーファス)による水源汚染だ。PFASは焦げつかないフライパンやファストフードの包み紙、じゅうたん、衣類などに多用されてきた。

しかし環境中で分解されにくく、一度体内に取り込まれると長く蓄積されてしまうため「永遠の化学物質」と呼ばれ、有害性が指摘されている。ヨーロッパ環境庁(EEA)は健康影響として、腎臓がん、精巣がん、肝障害、甲状腺疾患、コレステロール値の増加、低出生体重児、ワクチン接種効果の低減、乳腺の発達遅延などをあげている。

当初、影響を受けているとみられたのは嘉手納基地周辺の7市町村、45万人。ところが沖縄県などの調査で、宜野湾市の普天間基地や金武町のキャンプ・ハンセン周辺の川や地下水でも次々に汚染が発覚している。

沖縄戦で住民の4人に1人が犠牲になり、戦後も27年間、日本本土と切り離され、米国統治下を経験した沖縄。戦世(いくさゆー)からアメリカ世(あめりかゆー)、そして大和世(やまとゆー)へと時代が移り変わる中、貧しく、苦しい生活を支え、人々の命をつないできたのは、地中からわき出す「命ぬ水(ぬちぬみじ)」だった。

ディレクターには、これまで数々の米軍基地問題をスクープし、昨年、米国の「レイチェル・カーソン環境出版賞」で2位を受賞したフリージャーナリストのジョン・ミッチェル氏が参加。米情報自由法(FOIA)を利用して得た米軍や米連邦議会資料、内部告発者から手に入れた映像や写真などから、問題の本質に迫った。

題字
ファム・ニューニューさん

2021年8月 第69回全琉小・中・高校図画・作文・書道コンクール 書道の部 優秀賞

2021年8月 国道58号名護東道路「数久田トンネル」南側の題字担当

2021年2月 第59回全沖縄児童生徒書初め展 金賞

2019年1月 全国新春書道展 特選

ナレーション
萩原聖人
ディレクター
ジョン・ミッチェル(フリージャーナリスト、沖縄タイムス特約通信員)、島袋夏子(琉球朝日放送)
ジョン・ミッチェル × QAB 10年間の調査報道
過去に放送した関連番組
※過去のウェブサイトをそのまま掲載しているため、スマートフォン等で体裁が崩れています。ご了承ください。
復帰40年報道特別番組「枯れ葉剤を浴びた島〜ベトナムと沖縄・元軍人の証言〜」
2012年5月15日放送
枯れ葉剤を浴びた島2~ドラム缶が語る終わらない戦争~
2015年11月22日放送
[拡大版] 2016年4月25日放送
PAGE TOP