17のたね - 2021年7月13日放送 - #10「アルパカラボ」

場所を指定するだけで近くの運転代行がすぐに来るアプリ「エアクル」。開発したのはITベンチャー企業「アルパカラボ」。

AIを活用し運転代行の稼働状況の予測や配車サービスの開発などを産学連携で行っています。

運転代行の抱える「効率が悪い」「低賃金」という課題を解決することが沖縄の社会的な課題につながると思って開発をスタートしたそうです。

IT技術を通して “安全・安心なくらしのたね” がどう蒔かれるのかを紹介します。