高校野球です。夏の甲子園をかけた沖縄大会はきのうから2回戦がスタート。第1シード沖縄水産とKBC未来の試合は最後まで手に汗握る展開となりました。

第1シード沖縄水産が登場した2回戦。対するは春の大会で沖水にコールド負けを喫しリベンジを誓っていたKBC未来。試合は1回から動きます。KBCがノーアウト1・2塁のチャンスを作ると3番・神里ダラス。

良い当たりもセカンドライナーでダブルプレー。沖水がしのいだ…かに思われましたが喜ぶ沖水の隙をついて1塁ランナー外間雄一朗が2塁をおとしいれます。この好走塁に4番が応えます。

KBCの先発は2年生・依田龍斗(よだ・たつと)3回、対するは沖水2番・吉元悠貴(はるき)反撃のチャンスを作られると、キャッチャーの橋元虹輝が依田に声をかけます。

2回戦スタート 第1シードが激戦の末…

依田龍斗選手「(捕手・橋元先輩に)バッター集中で思い切り来いと言われました。3年生を最後の夏にさせたくなかった」

気迫の投球で三振を奪い、得点を与えません。2年生の好投に打線も奮起します。KBCは5回表、チャンスで8番・橋元。

橋本虹輝選手「沖縄水産には春負けているので、絶対ここには負けないで勝とうという気持ちをみんな持っていたので」

春のリベンジに燃える3年生のタイムリーでリードを広げます。しかし、その裏、沖水打線も黙ってはいません。

川端南海斗選手「春は自分が打ってチームに勢いをつけて勝ってきたので自分が打ったら変わるという思いで打席に入って」

2回戦スタート 第1シードが激戦の末…

キャプテンがチームを盛り立てます。チャンスを広げ3番・仲本海(かい)2点差に迫ると、さらにチャンスは続き2アウト満塁と攻め立てます。KBCのマウンドは2番手・平良圭太郎。ここはKBCが踏ん張り、最少失点で切り抜けます。

4対1と再び3点差としたKBCは7回ウラ。抑えとしてエース・大城元がマウンドへ。ところが1番ライトで試合に出続けていたこともあってか足がつってしまい思うような投球ができず。その隙を沖水打線は見逃しません。

再び2点差。そしてまたしてもチャンスは広がり2アウト満塁。ここもKBCが最少失点で切り抜けます。追いかける沖水、逃げるKBCの激しい攻防はついに9回ウラ。追い詰められた沖水も決して諦めません。

しかし後が続かず2アウト。勝利で春のリベンジを果たしたKBC未来。第1シード・沖縄水産は初戦で涙を飲みました。

橋本虹輝選手「沖水に負けないためにもやってきたのでそれが出せて本当にうれしいです。ここで終わりではないので絶対つなげて甲子園に行きたいです」

川端南海斗主将「早かったなと思いました。いつの間にか終わっていて感情が見つからないです。高校野球は人生で1回しかできないしこれは大人になっても財産になるのかなと思います」