夏の甲子園への切符をかけた全国高校野球選手権沖縄大会が18日に開幕しました。

降り続いた雨も上がり、梅雨の晴れ間となった18日、県内の61チームが夏の甲子園出場を目指して熱い戦いを繰り広げる大会が開幕しました。

試合は沖縄セルラースタジアム那覇やコザしんきんスタジアムなど4会場で行われ、人数や応援の制限はあるものの、夏の大会としては3年ぶりにスタンドで試合を見ることができるようになりました。

開始式では、美里工業の阿良皓太太キャプテンが「新たな歴史のスタートにふさわしい正々堂々とした気迫あふれるプレーで最高の夏にすることを誓います」と、堂々と力強い選手宣誓を行いました。

初日の18日は7試合行われる予定で、来月17日には甲子園への出場校が決定する見通しです。

QABでは18日午後4時から、速報!!めざせ甲子園!で熱戦の模様を生放送でお伝えします。ぜひご覧ください。