那覇市の小学校で提供された給食に缶詰の蓋の破片とみられる「金属片」が給食に混入していたことがわかりました。

那覇市教育委員会によりますと5月9日、安謝小学校で出された給食のデザート「ナタデココフルーツ」に長さ約8mmの金属片が混入していました。

おかわりをした児童が気づいて担任に知らせたことで金属片の混入が発覚しました。缶の蓋を自動で切って開ける機械に破損がないことから金属片は調理に使われた缶詰の欠けた部分とみられています。

調理を担当した給食センターは安謝小学校のほか那覇中学校にも給食を届けていてこれまで児童や生徒から健康被害の訴えは出ていません。

教育委員会は缶を開けた際に混入がないか確認を徹底するなど再発防止と安全安心な給食の提供に務めるとしています。


那覇市内の小学校で給食に金属片が混入