宜野湾市で素潜り漁してた男性死亡

21日夜素潜り漁の男性が意識不明の状態で見つかり、その後死亡が確認されました。

那覇海上保安部によりますと、死亡したのは、浦添市に住む69歳の男性です。

男性は、午後9時半ごろから知人と、宜野湾市の沖合いで素潜り漁をしていましたが午後10時15分ごろ、海上に浮かせておいた魚入れに意識のない状態で覆いかぶさっていたということです。

事故の原因や死因については、まだ分かっていません。県内では、20日にもうるま市で素潜り漁の男性が死亡していて、那覇海上保安部は少しでも不調がある時は海に潜るのを控えてほしいと呼びかけています。