18日から19日にかけて、那覇市では酒気帯び運転による事故が、相次ぎました。

警察によりますと那覇市久米で、19日午前1時過ぎ店舗前に停車していた車両に追突事故を起こしたアメリカ海兵隊員のメイソンアレクサンダーパーキンス容疑者が、酒気帯び運転の疑いで逮捕されています。

現場に駆け付けた警察官が検査したところパーキンス容疑者からは、基準値のおよそ4倍のアルコールが検出されました。

調べに対しては、「酔っぱらっているという認識はなかった」と容疑を否認しているということです。

また、那覇市安謝では、浦添市に住む上江洲丈武容疑者が、事故不申告と酒気帯び運転の容疑で逮捕されています。上江洲容疑者は、基準値のおよそ6倍のアルコールを体に保有した状態で車を運転し、車線変更の際隣を走行していた車と接触事故を起こしたにもかかわらず、そのまま逃げた疑いが持たれています。調

べに対して、「酒は抜けていると思った、車にぶつかったおぼえはない」と容疑を否認しているということです。

那覇市内で酒気帯び運転での事故相次ぐ