6月5日に糸満市の海岸で遊泳中に流され行方がわからなくなっていたアメリカ海兵隊員の男性が6月9日、遺体で見つかりました。

那覇海上保安部によりますと6初9日午後3時半すぎ糸満市の大度海岸で泳いでいた人が浜からおよそ300m離れた沖合の水深およそ14mのところに沈んでいる遺体を見つけました。

死亡したのはアメリカ海兵隊員でキャンプキンザーに所属するニスデヘスース・リチャードさんで6月5日に同僚10人で大度海岸のリーフの外を泳いでいたところ、高波にさらわれて行方が分からなくなっていました。

6月5日は台風3号が変化した温帯低気圧の影響で天候が悪く強風と波浪注意報が出ていたということです。

遊泳中に流された海兵隊員の男性が遺体で見つかる