読谷村のビーチで神秘的なカメのふ化の様子と産卵の様子が合わせて撮影されました。

これは、アオウミガメの赤ちゃんが卵からふ化し砂浜に這い出してくる様子です。刺激しないようにカメには認識できない赤いライトで撮影されています。撮影したのは、気象予報士でダイバーでもある河辺照之さんや、ウミガメの保護活動などを行う民間団体です。

8月15日、読谷村の宇座ビーチで午後11時ごろにふ化が始まるとおよそ2時間かけ100匹余りの子ガメたちが海へと戻っていきました。

一方、このふ化の直後、同じビーチでは、アオウミガメの産卵も目撃され、一夜で2つの生命の神秘に立ち会う映像でした。河辺さんによると、「ふ化と産卵が同じ場所で撮影されるのは珍しいのではないか」と話していました。

同じ夜に アオウミガメの「ふ化と産卵」を撮影