2019年、千葉県野田市で父親からの虐待を受け死亡した当時小学4年生だった栗原心愛さんの事件を受け以前、心愛さんが住んでいた糸満市や児童相談所の対応について調査をしていた検証委員会が4月30日、報告書を玉城知事に提出しました。

委員会は今回の事例を踏まえ課題や提言をまとめたので、教訓にしてほしいと県に求めています。玉城知事は「関係機関との連携を強化していく」と再発防止に向けた取り組みを語りました。

栗原心愛さん虐待死亡事件で検証委員会が報告書