11月29日昼すぎ、豊見城市平良でスクーターの単独事故があり、運転していた59歳の男性が死亡しました。

警察や消防によりますと、11月29日午後0時半すぎ、豊見城市平良でスクーターが緩やかな左カーブを曲がり切れずに道路右側の壁に衝突しました。

この事故でスクーターを運転していた那覇市の自営業・松門和義さん(59)が壁にぶつかり、転倒した際に胸を強く打つなど意識不明の重体で病院に搬送され、まもなく死亡が確認されました。

現場は幅5メートルほどの狭い道路で、大通りの抜け道として使われていて、通りがかった人がスクーターと男性が倒れているのを見つけ通報したことで事故が発覚、警察が事故の原因を調べています。

バイクがカーブ曲がれず壁に衝突 59歳男性が死亡