28日、国頭村安波の工事現場で、男性作業員2人が死亡した産業事故で、警察や消防が現場検証を行いました。

外間カメラマンは「国頭村安波の上空です。現場検証が始まった模様です」と話していました。

午後1時すぎ、国頭村の沖縄やんばる海水揚水発電所では、警察や消防が工事関係者立会いのもと、現場検証を始めました。この事故は28日、地下110メートルから120メートルの現場で、ケーブルの撤去作業をしていた宮城友春さん(57)と比嘉陽一さん(20)が、重さおよそ350キロの電気ケーブルの下敷きになり死亡したものです。

現場検証には数日かかる見込みです。

現場検証には数日かかる見込み