建造物侵入と窃盗の疑いで女逮捕

17日、うるま市の飲食店で現金およそ215万円が入った鞄を盗んだとして、50代の女が建造物侵入と窃盗の疑いで逮捕されました。逮捕されたのは自称アルバイト店員の女です。

うるま警察署によりますと、女は17日午前10時15分ごろ、うるま市で開店準備中だった飲食店に忍び込み、現金およそ215万円の入った鞄を盗んだ疑いがもたれています。

店内から鞄がなくなったことに気づいた店員が警察に通報、かけつけた警察官が現場付近を捜索したところ、うるま市内の駐車場で鞄を持っていた女を発見し、緊急逮捕しました。

女は調べに対し黙秘を続けていて、警察では慎重に捜査を続けています。