伊良部島で殺人未遂事件 酒に酔って口論に

2019年5月13日夜、伊良部島で、口論の末、62歳の弟を包丁で刺し、殺害しようとしたとして68歳の兄が現行犯逮捕されました。

警察や消防によりますと、5月13日午後9時過ぎ、宮古島市伊良部長浜の住宅から、「首を刺された」と通報があり、駆けつけると62歳の弟が血を流して住宅の外で座っているところを発見されました。

弟は、左耳の後ろや左腕に刺し傷を負う重傷で病院に搬送されましたが、命に別状はありません。

警察は、弟の首を包丁で刺し殺害しようした疑いでその場にいた68歳の兄を逮捕しました。事件当時、兄弟は一緒に酒を飲んでいて、その際に口論になったということで、警察の調べに対し兄は容疑を認めています。

警察では、動機などを詳しく調べています。