4月17日午前、北谷町で、乗用車でオートバイに追突する事故を起こしたアメリカ空軍兵の男が飲酒運転だったとして現行犯逮捕されました。

酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕されたのは嘉手納基地所属の空軍兵長、ザッカリー・ランソム容疑者(26)です。

警察によりますと、4月17日午前4時半すぎ、北谷町美浜の国道58号で、ランソム容疑者が、運転する乗用車が前を走っていた2人乗りのオートバイに追突。警察官がランソム容疑者の呼気を調べてところ、基準値を超えるアルコールが検出されたということです。

オートバイに乗っていた2人の男性は、転倒した際に両腕をするなどの軽傷です。ランソム容疑者は、警察の調べに対し「酒は抜けたと思った」と容疑を否認しているということです。