北谷町事件・死亡の2人は以前から交際トラブル

2019年4月13日、北谷町のアパートで、アメリカ海軍兵の男性と、日本人女性が死亡しているのが見つかった事件で、2人の間には、以前から交際上のトラブルがあったことがわかりました。

県警によりますと、死亡した2人について、2019年1月、男女間のトラブルがあるとアメリカ軍の憲兵隊から警察に情報提供があり、警察が女性を訪問するなど、安全確保を図っていたところだったということです。

また県警は、女性の遺体を司法解剖し、首に複数の刺し傷などがあり、また手には抵抗した際についたとみられる複数の傷が確認できたということです。県警では男性が女性を殺害した後、自殺したとみて調べています。

この事件を受けて、玉城知事はきのう、記者団に対して、スミス四軍調整官から電話があったことを明らかにし直接抗議したということです。

玉城知事は次のように述べました。「このような事件が再び起きたことは米軍の綱紀粛正等が機能していないと言わざるを得ないと厳しく申し渡しました。米軍による抜本的な事件の再発防止策を講ずることなど強く要請いたしました」

これに対して、スミス四軍調整官は、「ひとえに私の責任である」と述べたうえで協力できることはしっかり行うと知事に伝えたということです。