24日、那覇空港の沖合いで、マグロはえ縄漁船が座礁し、乗組員5人がヘリコプターで救助されました。

大きく傾いた船の上で、救助を待つ乗組員たち。24日正午前、那覇空港沖合いおよそ2キロの海上で、泊港から漁に向かったマグロはえ縄漁船第一隆清丸が座礁しました。

当時、船には日本人2人とインドネシア人3人の合わせて5人が乗っていましたが、那覇海上保安部のヘリコプターで全員無事救助されました。この事故で船体は大きく傾き、周辺には一時およそ1キロにわたる燃料漏れも確認されました。

那覇海上保安部では事故の原因について船長などから事情を聞いています。