教員採用口利き疑惑 訴え取り下げ求める

前教育長は、元副知事に民事訴訟の取り下げを求めました。

会見で諸見里前教育長は「不起訴の決定というのは、まさに言葉で言えば、一日千秋、その思いで待っていました。ぜひ、取り下げてほしいなと、そういう思いでいっぱいです」と話しました。

諸見里前教育長は、教員採用試験の口利き疑惑をめぐって、安慶田元副知事に名誉毀損で訴えられていましたが、8月23日、嫌疑不十分で不起訴となっています。

会見で、諸見里前教育長と弁護士は今回の不起訴処分は、検察庁が実質的に告発文の内容が事実であると認めたものだと述べ、「これ以上、無用な争いはやめてほしい」と訴えの取り下げを求めました。