電子マネー振り込み詐欺で30代女性が30万円被害

未納料金があると、うその話で総額約30万円の電子マネーをだまし取られる詐欺事件が起きました。

警察によりますと5月24日、南風原町に住む30代の女性に「会員登録の未納料金がある」などとメールが届きました。女性がメールの連絡先に電話をすると男が出て「会員登録料9万5000円余りが未納なので電子マネーのギフト券を購入しそのコード番号を教えるよう」指示。女性は指示に従い詐欺にあいました。

さらにその日の夕方にも「他にも未払いがあり告訴されている。20万円で和解できる」と電話があり、女性は再びギフト券を購入し、被害にあいました。

警察では心あたりのない料金は請求されても支払わないよう、注意を呼びかけています。