シュノーケリング中に男性溺れる

26日午後、宜野湾市でシュノーケリング中の男性が溺れる事故がありました。海上保安本部では大型連休が始まるのを前に、注意を呼び掛けています。

那覇海上保安部などによりますと、26日午後4時20分ごろ、宜野湾市のビーチで、シュノーケリング中の35歳の男性が溺れているのを近くにいた中学生が発見しました。男性はライフセーバーにより救助され、意識不明の状態で病院へ搬送されました。

第11管区海上保安本部によりますと、県内では2016年のゴールデンウィーク期間中、7件の水難事故が起きていて、シュノーケルの扱い方などには十分注意するよう呼び掛けています。