安慶田副知事 教員採用試験で口利き疑惑

県の安慶田副知事が2015年に行われた県の教員採用試験で、特定の受験者を合格させるよう依頼していたとして地元紙が報道したことに対し、安慶田副知事は否定しました。

これは18日の沖縄タイムスが報じたもので、2015年に行われた教員採用試験の際、安慶田副知事が複数の受験者を合格させるよう県教育委員会に口利きしたとするものです。

QABの取材に安慶田副知事は「それは私はあり得ない。メモがあったとか、人を呼んだとか、全く記憶にない。そんなことあり得ないと思って(新聞の取材には)返事をした。弁護士にも相談しているので、私の名誉のために対応する」と疑惑を否定しました。

今回の報道に、当時の県教育委員会幹部は口利きの依頼があった事実は否定できないとしたうえで、選考結果に影響はなかったと証言しました。