入札に関する情報を漏えい 渡名喜村教育長らを逮捕

渡名喜村の公共施設事業で、入札に関する情報を事前に業者に漏らしたとして、県警は渡名喜村の教育長と建設業者の男らを逮捕しました。

官製談合防止法違反などの疑いで逮捕されたのは、渡名喜村の教育長、渡口亮容疑者と建設業者の代表の男らです。

県警によりますと、渡口容疑者は、伝統的建造物の修復事業の工事をめぐり、入札に関する情報を事前に県内の建設業者に漏えいした疑いが持たれています。

警察では渡口容疑者の身柄を2日午後ヘリで移送し、那覇警察署で調べています。