男性警部補 わいせつ行為で処分

県警本部に勤める38歳の男性警部補が、女性職員に対しわいせつな行為をしたとして、懲戒処分を受けたことがわかりました。

停職6か月の懲戒処分を受けたのは、県警本部に勤める38歳の男性警部補です。

県警監察課によりますと、男性警部補は2016年1月と2月、同僚の女性職員に対し、無理やりキスをするなど、わいせつな行為をしたとされています。

島袋主席監察官は「今回の事案は極めて遺憾であり、関係者及び県民の皆様に深くお詫び申し上げます」とコメントしています。