名護市の単独重体事故 運転手は無免許の15歳少年

8月29日未明名護市で軽トラックが街路樹に衝突した事故で、軽トラックを運転していたのは15歳の少年だったことがわかりました。

名護警察署によりますと、29日午前0時50分ごろ、名護市大北の国道58号で、軽トラックが道路脇の街路樹に衝突し、運転手が意識不明の重体で病院に搬送されました。

その後の調べで、軽トラックを運転していたのは、名護市に住む15歳の鉄筋工の少年だったことがわかりました。少年は現在も意識不明の重体です。

また、運転していた軽トラックは、少年と面識のない人の車で警察では少年が車を運転した経緯などについて調べを進めています。