沖縄市で路上寝していた男性が車にひかれ死亡

8月3日の朝早く宮古島市の国道で、軽乗用車が道路を横断していた男性をはねる事故があり、男性が意識不明の重体です。

宮古島署などによりますと、3日午前4時15分過ぎ、宮古島市平良久貝の国道390号で、軽乗用車が、横断歩道を渡っていた市内に住む70代の男性をはねました。

男性は頭を強く打つなどして、病院に搬送されていて今も意識不明の状態です。

軽乗用車を運転していた女性にけがはありません。現場は信号機のある交差点ですが、事故当時車道の信号機は黄色に点滅していたとみられています。警察では、男性の身元の特定を急ぐとともに、事故原因を詳しく調べています。