16-07-17-05

16日、恩納村で、ダイビングをしていた観光客の女性が死亡する事故がありました。

那覇海上保安部によりますと、16日正午ごろ、恩納村万座毛近くのポイントで、ダイビングをしていた31歳の女性の様子がおかしいことに一緒にいた友人が気づき、岸へ戻りました。

その後、女性は意識不明の状態で病院に搬送され、事故からおよそ2時間半後に死亡が確認されました。

女性は東京から観光目的で友人らと4人で沖縄を訪れていて、4人はインストラクターをつけずにダイビングをしていたということです。

事故当時、現場周辺の波は2メートルと高くなっていて、那覇海上保安部では事故原因を詳しく調べています。