警察遺棄現場で捜索するも発見に至らず

警察による懸命の捜索が続いています。

5月19日、死体遺棄容疑で逮捕された軍属のケネス・シンザト容疑者。捜査関係者によりますと、警察の調べに当初、容疑を認め「女性をナイフで刺した」などと殺害をほのめかす供述していました。

このため警察では、市内を中心にナイフや女性のスマートフォンなどの捜索を行っていましたが、現在も発見されていません。

県警は6月2日も午後から遺体がみつかった恩納村の雑木林を金属探知機などを使い犯行に関係する物を捜しましたが、事件に関連するものは見つかっていません。