糸満市で乗用車が電柱に衝突 男性運転手死亡

4月28日の未明、糸満市の県道で普通乗用車が電柱に衝突し、運転していた50代の男性が死亡しました。

糸満警察署によりますと、28日午前2時半ごろ、糸満市北波平の県道82号で、糸満市内から南風原町向けに走行していた普通乗用車が道路脇の電柱に衝突しました。この事故で、普通乗用車を運転していた宜野湾市嘉数の55歳の男性が、意識不明の状態で病院に搬送され、通報から約1時間半後に死亡が確認されました。

現場は見通しの良い片側2車線の直線道路で、警察では、運転手が病気で死亡した可能性が高いとみて原因を調べています。