15-10-26-007

10月26日の朝、糸満市の海岸でサーフィンをしていた40代の男性がサメに襲われけがをしました。

警察などによりますと、26日午前6時50分ごろ、大度海岸の沖500メートル程でサーフィンをしていた男性から「サメに足首を噛まれた」と消防に通報がありました。

男性は右足のかかとなど複数ヵ所にわたって噛まれた跡があり、サメの歯型がついていたという事です。現在、病院で治療を受けており、命に別状はありません。

事故にあった男性を目撃した地元の人は「(男性の傷は)大きいのは20センチぐらいだったかな。かみそりで切り裂かれたみたいな感じ。(この海岸で)噛まれたっていうのは初めてだな。自分達の子どもの事から」

事故当時海岸には、男性以外にも、50人から60人のサーファーがいたという事です。男性は襲われる直前にサメの背びれを確認していて、体長は3mほどだったという事です。