15-07-14-01

13日午後、渡嘉敷沖の海上で漁船と貨物船が衝突する事故がありました。漁船の船長は救助され無事でした。

那覇海上保安部によりますと、事故があったのは、渡嘉敷島の沖およそ24キロの海上で、13日午後1時18分ごろ、「糸満漁協所属の船が他の船と衝突して沈没しそう」と糸満漁業協同組合から那覇海上保安部に通報がありました。

衝突したのは、糸満漁協所属の漁船、第五瑞祥丸と広島県の貨物船大峰山丸です。漁船は左側に大きく傾き水没しましたが、船長は貨物船に救助され無事でした。海上保安部では、現在、乗組員に話を聞くなど衝突の原因を詳しく調べています。