15-03-19-02

うるま市で、18日住宅のブロック塀が壊されているのが見つかり、警察が当て逃げ事件として捜査したところ、海兵隊員が事故を起こしていたことがわかりました。

ブロック塀は幅およそ6メートルが壊されていて、警察が、当て逃げ事件とみて捜査を開始、アメリカ軍の憲兵隊にも捜査協力を求めました。

その後、憲兵隊からの連絡で、20代の女性海兵隊員が事故を起こしたことが分かったということです。

海兵隊員は、「誤ってぶつけてしまった。あとで連絡するつもりだった」と話しているということです。警察は当て逃げの疑いで海兵隊員に任意で話を聞くことにしています。