15-02-04-09

1月、名護市の大浦湾で基地建設に抗議していた女性が、海上保安庁の職員から暴行を受けけがをしたとして4日、那覇地方検察庁に告訴状を提出しました。那覇地方検察庁に告訴状を提出したのは、辺野古への基地建設反対を訴えている相馬由里さんです。

告訴状などによりますと、相馬さんは1月19日、名護市大浦湾で基地建設反対を訴えていたところ手首にかけてたカメラのストラップを海上保安官に引っ張られ、けがをしたとして、船に乗り込んできた海上保安官数人を特別公務員暴行陵虐傷害の容疑で立件するよう求めています。

辺野古で基地建設に抗議していた人が海上保安官から暴力を受けたとして告訴状を提出したのはこれで3人目です。