4日に沖縄市で起きたひき逃げ事件の容疑者がアメリカ海兵隊少佐と断定されたことを受け、11日に県の職員が海兵隊に再発防止などを要請しました。

この事件では、今月4日、沖縄市でバイクが転倒し運転していた男性が倒れているのが見つかり、警察がひき逃げ事件として捜査しています。

警察はこれまでの捜査でアメリカ海兵隊少佐の犯行と断定していて、自動車運転過失傷害などの容疑での書類送検を視野に捜査を進めています。

この事件を受け、県の親川基地防災統括監は11日、海兵隊政務外交部のエルドリッジ次長を訪ね「許されるものではなく極めて遺憾。事件の解決に向け、引き続き捜査に協力してほしい」と要請しました。

エルドリッジ次長は「事件は大変残念。県警の捜査に協力していきたい」と話したということです。