7日午後、宮古島市のビーチ沖で男性ひとりが死亡する水難事故がありました。8日午前11時現在、男性の身元はまだ分かっていません。

宮古島警察署などによりますと、7日午後3時半ごろ、宮古島市城辺の保良川ビーチの沖で60代ぐらいの男性が海上で浮いているのが発見されました。男性は心肺停止の状態で病院に搬送されましたが、まもなく死亡が確認されました。

男性の身元は分かっていません。男性はウェットスーツを着用していて、直前に、この男性と思われる人物が1人で泳いでいたのが目撃されていることから、警察では、水難事故とみて男性の身元の特定を急ぐとともに、事故の原因を調べています。