4日、沖縄市で起きたひき逃げ事件で警察は、この事故に関与している疑いのあるアメリカ兵から任意に話を聞いています。

沖縄市の県道で起きたこの事件は当初、県警がバイクの単独事故と発表していましたが、警察では、ひき逃げの可能性も視野に捜査を進めていました。

その中で、事件の前後に現場付近を通った車の割り出しを行っていたところ、Yナンバーの車が1台あったため沖縄署では海兵隊に調査の協力を依頼していました。

警察では、海兵隊員を重要参考人の1人として、日本の警察施設内で任意で話を聞いているということです。バイクを運転していた男性は8日現在も意識不明の重体です。