10月30日、沖縄市の住宅でこの家に住む家族とみられる男女3人の遺体が見つかりました。

沖縄警察署などによりますと、30日午後1時40分頃、「数日間連絡が取れない」とこの家の住人の親戚から通報があり、警察と消防が、家の中で、男女3人の遺体を発見しました。

遺体は腐敗した状態で、上半身に外傷と頭には凶器で殴られたような痕などがあったということです。

この家は、40代の夫婦と高校生の息子の3人暮らしでした。現場には父親の書いた遺書とみられるメモが残されていたということです。

警察は身元の確認を急いでいますが、年配の男性は溺死、他2人は頭にケガをしたことが死因ということです。